ホーム  >  土地を貸したい

土地を貸したい
駐車場の経営
1 遊休地を所有しているが何にも活用しておらず、なるべく簡単に土地活用したい。
2 建物の取り壊しを検討していて、その後の土地活用にはお金を掛けたくない。
3 いずれ土地の売却や名義変更を考えており、一時的に有効な活用をしたい。
土地活用
駐車場の経営するための施行内容
  • ・ 整地・てん圧
  • ・ 区画割り・車輪止めの設置
  • ・ アスファルト舗装(特に必要な場合のみ)
土地活用
駐車場の経営のメリット

月極駐車場経営は、アパート経営やリフォームなどの他の資産活用に比べて投資額が少なく、売却・建築等の次の転用も簡単に
出来る事にメリットがあります。ただし、駐車場経営を行う上で以下のポイントをしっかり押さえておくことが大切です。

駐車場経営のポイント

遊休地を経営用駐車場にする場合、土地の大きさ・形状・接道次第では、同じ坪数の土地でも設置出来る台数が変わってきます。

一番重要な事は、いかに利用者にとって利用しやすい駐車場にするか、です。

駐車可能台数が10台より15台が良いとは一概には言えず、台数を増やしても稼動率が悪くなれば、良い有効活用とは言えません。 駐車場経営は、賃料に見合った舗装の有無や、利用しやすい駐車区画の設置を考慮しつつ、駐車場経営の次の転用方法も踏まえて検討する事がポイントです。

当社管理の貸し駐車場の一覧はこちらへ

不動産を貸したい方、お問い合せはこちらへ

土地の所有から活用へ
土地活用
スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストアなどの物販チェーン店や、ファミリーレストラン等は、集客が可能な物件を常に探しております。
そのほとんどは地主様から土地を借りて、自らが建設する(借地方式)か、もしくは希望の建物を地主様に建てて頂く(建て貸し方式)をとっているのが一般的です。

それぞれのテナントは、営業戦略によって希望する場所や広さなどが違い、当然支払い可能な賃料も違ってきます。

借地方式
借地方式はテナント側が建設費を負担するので地主様の初期投資はさほど必要がありません。また、契約期間が満了すれば、貸主は建物を収去して、立ち退かなければならなので、名目のいかんを問わず立退きの費用を地主様が請求される事は一切ありません。
建て貸し方式
建て貸し方式は地主様で自身名義の建物を建てるわけですから、何事においても自己完結ができます。建築資金については自己調達(銀行融資等を利用)となります。建築協力金という形で、その資金の一部をテナントが受け持ち、毎月の賃料で調整するというケースもあります。
種類 期間 目的 契約
一般定期借地 50年以上 住宅建設 公正証書が望ましい
建物譲渡借地 30年以上 建物買取り
事業用定期借地 10年以上
20年以内
事業用建物 公正証書によって
契約しなければならない
商業店舗向きの土地
マンション経営やアパート経営の場合は、どちらかといえば、大通りよりも一本入った場所が比較的好まれるのに対し、店舗の立地は大通りや、生活道路沿いなど、消費者が買物や、食事などに集まりやすい立地が要求されます。
当然その土地は、賃料も高く設定できますので、投資効率のよい土地活用が可能になります(但し、いくら大通り沿いであっても、地形がよく、店舗の配置がうまく出来ることが条件となります)。
また、ショッピングセンターなど、大きな施設を必要とする店舗は、一人の地主様がお持ちの土地では広さが足りない場合が多いですから、複数の地主様が一体となって賃借される場合も最近は増えています。

土地、不動産を貸したい方のご相談、お問い合せはこちら

ページトップへ